最新情報

食育「食べ物とうんちについて」

今日は厨房の安田先生と食育でした。口の中に入った食べものは胃で消化されてぐるぐるの小腸で栄養を摂って、大きなトンネルの大腸で水分を吸収して、最後に残ったものがうんちとして出てくるということを教わりました。また、うんちの形でお腹の中が元気かどうかもわかるんだよ、ということで1番いいバナナうんちが出るように、早寝早起き、好き嫌いせずになんでもよく噛んで食べることを頑張ろう!と約束しました。「バナナうんち出たら教えるね~!」と子どもたちも張り切っています。そしてうんちも自分で拭いてみようね、と話をしました。最後に保育士がチェックをしながら徐々に自分で済ませられるようにしていきたいと思います。 桑原

☆爪チェックをしました。