最新情報

絵画指導

すみれぐみになって初めての絵画指導がありました。持田先生から「筆を持つときはどこを持つんだっけ?」と聞かれると「銀の始まり!」と声をそろえて得意気に話していた子どもたち。パレットに一色ずつ色を出して色づくりをしていきました。「黄色と緑色を混ぜると何色になるんだっけ?」との問いには「えーっと緑?」と考えながら答えていました。パレットに出した色から画用紙の淵に線や点を描いて額にしていきました。「曲がっちゃった」「はみ出しちゃった」などと言いながら、慎重に塗っていました。筆の太さや色を変えて額にし、様々な色の額ができると「きれいだね」と話していました。描いた額の中には自分で色を混ぜて色づくりをして好きな絵を描きました。「見て!茶色になったよ」と発見した色を嬉しそうに知らせたり、「キャンディー描いた」と笑顔で見せてくれました。  加藤