最新情報

白熱のドッヂボール大会

今日はドッヂボールをしました。黄色チームと白チームに分かれて行いました。チームに分かれるとすぐに「外野やりたい人~!」と声を掛け合い、きちんと公平にジャンケンで決めていて、保育士が仕切らなくても子どもたちだけでゲーム進めていく姿に年長らしさを感じました。ボールを投げるのも逃げるのも上手になっていて、全員がボールをよく見て動いていたのでとっても盛り上がりました。1回戦目は黄色チームが勝ち、2回戦目はリベンジを果たしたかったのですが、またまた黄色チームの勝ちでした。チームを変えようと思いましたが「次こそは勝つ!」と白チームが悔しがり、3回戦目を行いました。いつも惜しい所で負けてしまう白チームでしたが、悔しがりながらも「楽しかったからいいよね!」とやり切ったような表情がみられたので良かったです。