最新情報

歯磨き指導

歯科衛生士の方に歯磨き指導をしてもらいました。まずは鏡を見ながら前歯、奥歯、とがっている歯を確認しそれぞれの役割も教わりました。次に歯の持ち方を教えてもらい、最初は「こんにちはの持ち方」と言って歯ブラシのお腹に親指を乗せ自分と向き合うような持、下の歯と外の歯を磨くときの持ち方。次に「さようならの持ち方」は歯ブラシの背中に親指を乗せて上の歯を磨いていきました。磨くときに「シャカシャカ」と音が聞こえるときちんと磨けている証拠だそうです。最後に、歯磨きをしてから寝ること、おやつは時間を決めて一日二回までにすること、好き嫌いをしないでなんでも食べることを約束として沢山のことを教わり、子どもたちも興味津々でした。 桑原

☆シャワーをしました。