最新情報

文字指導

文字指導を初めて行いました。鉛筆の持ち方から学びました。鉛筆を利き手でない方の手に持ち、「ヘビさんのように持つよ。反対の手はクジャクさんで、パクパクしながら鉛筆をパクッと食べたらクルっと動かして指を戻すよ」と教わり、何度も練習をしました。「こうでいいの?」と言いながら真剣に練習していました。『せんとひらがな』という本に沿って、鉛筆で線を書く練習をしました。書くときは姿勢を良くし、本をおなかの真ん中に置くこと、机とお腹の間を手をグーにして1つ分あけてから行うこと、鉛筆を持っていない方の手は本を抑えることも学びました。矢印からスタートし、点線をたどりながら、鉛筆で線を書く練習をする子どもたち。目つきは真剣そのもので、少し書いては「ふ~むずかしいな」などと言いながら一生懸命書いていました。今日は3ページ分進め、終わったらスタンプを押しました。達成感があるようで「やった」と言いながらスタンプを押していました。  加藤