最新情報

文字指導、プール(ビート板でラッコ浮き)

文字指導を行い、線の練習やひらがなから始まる線を繰り返して書く練習をしました。姿勢よく、書くときは本を動かして書くことを繰り返し伝えると、「そうだった!」と言って自分で気づき、姿勢を正す姿も見られました。だんだん見本の線が曲線や本数が増えて難しくなってきて「むずかしいな」と話していましたが、書くときは真剣な表情で一生懸命書いていました。
プールではこの前スポーツ教室でも行ったラッコ浮きをしました。「こわい」と話す子もいましたが、徐々に保育士の支えなしで一人でビート板につかまり、浮くことができるようになってきています。怖がらずに行えるようになると「すごい!」「できるようになったね」と子ども同士で褒め合う微笑ましい姿も見られました。
※お泊まり保育の同意書をまだお持ちでない方は月曜日に忘れずにお持ちください。 加藤