最新情報

合奏、劇の練習

合奏の練習では木琴は曲調が変わるところを練習しました。「アリさんのように優しく」を意識しながら「こうでいいの?」と言って優しく鳴らす姿が見られました。少しずつ「ピンク、おやすみ…」などとリズムを言いながら鳴らしています。トーンチャイムは最後まで鳴らせるようになったので、次の音を言わなくても鳴らせるようにする練習をしています。
劇の練習は自分のセリフを言うときは一歩前に出て振りをつけながら、気持ちを込めて言う練習をしました。言い回しが難しかったり、セリフが長く、覚えるのに苦戦していますが、繰り返し声に出して頑張って取り組んでいます。 加藤