最新情報

プール(荷物運び)

水に浮く感覚に慣れるよう、保育士が子どもの腕をを持ち、手足を伸ばしながら前に進む練習をしました。保育士が宅急便の人になりきり、「〇〇くんのお家に荷物を届けます」と話すと嬉しそうに笑顔を見せながら浮いていました。始めは少し緊張気味でやっていた子も「手と足をのばしてごらん」と伝えると徐々に伸ばして浮こうと意識してやっていました。少しずつ水に顔をつけることに抵抗がなくなってきて、「見てて!」と言って顔をつけるところや、ビート板で浮くところを得意そうに見せてくれます。 加藤