最新情報

プール(ビート板につかまって自分の力でけのびをする)

スポーツ教室が延期になったので、自分でビート板につかまり、けのびをする練習をしました。ビート板を使うことを伝えると「やった~!!」と喜ぶ子どもたち。始めは保育士がビート板の先を持って動かした後、次は一人でビート板につかまり前に進むことに挑戦しました。「肘が曲がってしまうと沈んでしまうから、肘を伸ばしてやるんだよ」と伝えると肘を伸ばすことを意識しながら取り組む子どもたち。「顔を水につけられる子はつけてやってごらん」と伝えると、なんとか顔をつけてやってみようと頑張る姿が見られました。 加藤