最新情報

プール(けのびから顔付け浮き身)

ビード版につかまり、自分で壁をキックしてけのびをし、顔をつけながら前に進むというのをやりました。けのびでは肘と膝を伸ばすことを伝えると意識しながら前に進むことができました、プールが始まったころ顔をつけるのがこわいと話していた子も徐々に顔をつけながらけのびで前に進むことができるようになってきました。保育士の支えなしで行ったのでだんだん沈んでしまうこともありましたが、少しおなかを支えると前に進むことができ嬉しそうな子どもたちでした。 加藤