最新情報

スポーツ教室

スポーツ教室がありました。すみれぐみになり保育園の中の1番お兄さん、お姉さんになったということで、「やるときは一生懸命にやる、楽しくゲームをするときは楽しくやるというオン・オフのスイッチを自分の心の中で考えてやるんだよ」という話がありました。楽しくなってしまった延長で少しふざけてしまうこともありましたが、真剣に取り組む姿がたくさん見られました。男の子と女の子に分かれて端に立ち、走ったり、スキップしたり、クマ歩き(四つん這いになってお尻を上にあげる歩き方)や、手と足をついて仰向けになって進み、友達にタッチしてから自分の場所に戻るというのをやりました。はりきってやっていた子どもたち。前に進むのがゆっくりになっても途中でやめてしまうのではなく、最後までやり続けて頑張っていました。前回りを3回続けて回る練習もしました。少しずつスムーズに回れるようになってきて、はりきって回っていました。今日は初めて子ども同士で手押し車にも挑戦しました。「ふざけてやるとケガをするので話をよく聞いてね」と石川先生から話があり、真剣な顔をして聞く子どもたち。実際に2人組になってやってみると「疲れる」「重いよ」などと言いながらも、マットの端の最後まで頑張っていました。最後は子どもたちが大好きな転覆ゲームをしました。「てんぷく!」の声に合わせてサメ役の石川先生につかまらないように「キャー」と言いながら喜んで逃げていました。 加藤