最新情報

スポーツ教室

今日は体操をするときに、こたろうくんが先生役になり、みんなの前で手本となって体操をしてくれました。こたろうくんが「1、2、3、4…」と数えると、全員で「5、6、7、8…」と元気に声を出し、みんなで一つになって体操をすることができました。その後はマット運動をしました。前転をし、離れた丸のマットの上をジャンプするというのをやりました。石川先生が「丸のマットの上はジャンプしてとぶよ」と伝えると、「えー!遠すぎて無理だよ!」と話す子どもたち。いざ挑戦してみると大きくジャンプでき、マットからマットへジャンプすることができました。前転も少しずつ一人で回れるようになってきました。しかしまだ頭をつけてピョンと飛び跳ね、バタンと思い切り回ってしまうこともあるので、「頭はつけないでピョンってしないで回ってごらん」と声をかけられるとその後は意識して回る姿も見られました。大きくジャンプができたということで、次はレベルアップして、前転をした後に足を開いて立つ開脚前転と丸のマットの距離をもう少し遠くし、さらに大きくジャンプする練習をしました。「絶対無理だよ!」とも話していましたが、いざ自分の番になると集中して真剣に取り組んでいました。最後はお楽しみの替わり鬼をやりました。丸のマットを持って走り、タッチされたら鬼が替わって、また違う友達にタッチしに行くという鬼ごっこでした。10数えてからスタート。「キャーキャー」と言いながら捕まらないように嬉しそうに逃げていた子どもたち。タッチされてもすぐに他の友達をタッチしようと夢中で追いかけていました。 加藤