最新情報

かるた大会

朝から真っ白になった園庭を見て「いつ雪遊びするの?」と言っていた子ども達。他のクラスも園庭で遊ぶので、すみれぐみは大塚山へ探検に行ってみました。白くなった雪の上を歩くと霜柱もできていてサクサク音がして「楽しい」と感触を確かめたり、自分の足跡をつけてみたり、小さな雪の塊を友達にぶつけて雪合戦をしたり…場所によっていろいろな景色を楽しむことが出来ました。憩いの森からは四小のカチカチに凍ったプールが見え「スケートできそうだね」とおしゃべり。なかなか体験できない雪遊びだったので、泥んこになりながら楽しみました。帰ってきてからは「かるた大会」6人のグループに分かれて取る手、ジャンケンで勝ち抜いた2名が読む手となり、全員で行いました。最後の方になってくると熱くなってきて「どっちが速かった?」と保育者の判定を求めていました。字も読めるようになり、全員で楽しめました。

★雪遊びの為に長靴、手袋を用意して頂きありがとうございました。靴・靴下・洋服…たくさん汚れてしまいました。洗えるものは軽く洗ってありますが、お洗濯よろしくお願い致します。              大河原